理念・基本方針
Philosophy and Basic Policy
~院長ご挨拶~

 医療法人社団ともいき会は、昭和42年に岐阜市昭和町に前身となる「小牧医院」として創設以来、地域のかかりつけ医として活動してきました。そして、平成9年に「小牧内科クリニック」となり、平成11年より医療法人社団ともいき会を開設し、地域の医療・介護・福祉を担ってまいりました。
 現在では小牧内科クリニックを中心として病児病後児保育・介護支援事業所・介護老人保健施設・訪問看護・訪問介護・通所リハビリ・訪問リハビリ・小規模多機能型居宅介護・定期巡回型訪問介護看護と、地域の皆様のご支援をいただきながら地域に密着した活動に日々邁進しております。
 今後も年齢・性別を問わず、どなたでも安心して利用できる地域の「かかりつけ」として、医療・看護・保育・リハビリ・介護・福祉サービスを提供し、また住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるための「地域包括ケアシステム」の一翼を担わせていただけるよう法人職員一同、精一杯努力していきます。
 引き続き皆様の温かいご支援をよろしくお願いいたします。

理事長 小牧卓司

~運営理念~

個人の震源を尊重し、一人ひとりの心に寄り添い、住み慣れた地域で安心して暮らせる境づくりを目指します

  • 私たちは、人権を尊重し、人間性豊かな人を癒す優しいケアに努めます
    「思いやりの介護の実践」お一人おひとりが尊厳を持ってその人らしい自立生活を送れるよう努めます
  • 私たちは、チームケアによる質の高いサービスを提供します
    施設サービス計画に基づき、常に入居者の立場に立ってサービスを提供し、その質の評価を行い課題解決に取り組み改善を図ります
  • 私たちは、専門職としての倫理観と誇りをもって謙虚な姿勢で職務に取り組みます
    専門職として自らの社会的な役割や責任を果たし、公正・公平に業務に取り組みます
  • 私たち、無駄な省き健全な施設運営に最善を尽くします
    施設生活を安心して暮らせる、より良い環境作りに努めます
  • 私たち、福祉サービスを通して社会に貢献し、地域に愛され信頼される施設を目指します
    地域と施設を結ぶ交流の場づくりを計画し、施設と地域が一体となるようにサービスを提供します

~当法人の介護・福祉人材の考え~

1.リクルートに隠されたコツを共有する

 いきなりですが、介護職の退職理由を平成21年度の介護労働実態調査でみると、4人に1人が「事業所の理念や運営方針のあり方に不満」「職場の人間関係」を挙げ、5人に1人が「収入が少ない」となっています。
 このような状況を踏まえると、リクルートのポイントは「理念を大切にしている事業所を見極める」「将来も視野に入れた自己目標」を共有する事と考えます。

2.理念に沿った運営を共有する

 運営理念とは、当法人が目指すべき方向性を示すものです。例えば、家庭的な雰囲気を目指す施設とホテルのようなサービスを目指す施設とでは、運営の方向性が違ってきます。職員同士で意見が分かれた場合でも、個人の主張ではなく、理念と照らし合わせ検討することで答えを導き出していきます。

  • 人権を尊重し、人を癒すやさしいケアに努めます。
  • 福祉・医療機関と協力し、人に役立つ施設とするよう努めます。
  • 福祉・医療の進歩に目を向け、知識・技能の向上に努めます。
  • 明るく安全な施設運営を心がけ、健康の保持・増進に努めます。
  • 地域社会に貢献できる、開かれた施設とするよう努めます。
 以上の5点ですが、この理念に即した業務ができるよう日々考察しています。
 入職後に「もっと利用者に関わりたい」「やりたかった介護と違う」「改善に取り組もうとしない」「自分を認めて欲しい」などの思いで悩まないようフォローすることが、雇用した当法人の責任でもあります。

3.将来を視野に入れた自己目標をかかげる

 理念を明確にし、実現にむけ運営している当法人に興味を持たれた方にもう一つお話があります。理念に即した努力をしていても、当法人でもさまざまな事情や課題を抱えて運営していかなければならないことがあるのも確かです。そこで一方的に当法人に期待を持たず、自分自身でも意思や判断をしっかり持ち行動していく事も大切なことです。
 今までの経験を振り返り、目の前の問題だけにとらわれず、将来の目標をしっかり定めた上で事業所の選択を失敗しないことがリクルートのポイントです。

4.現場経験をベースに新しい職種を目指すことも応援する

 当法人関連施設には、訪問介護・小規模多機能型居宅介護事業所など、多種類あります。訪問介護事業所のサービス提供責任者、施設や在宅の介護支援専門員、デイケアの管理者や介護老人保健施設の支援相談員など新しい職種に興味が出てくることもあります。
 将来的にそれらの職種を目指したい考えがあれば、当法人においては併設事業所や他部署への異動でバックアップしたいと考えています。また当法人の組織(理事長や事務長、各事業所の上長や課長)を通じて自分を目指す介護を実現し、当法人の運営や経営に携わりたい方、介護リーダーや管理者など、将来的にそのポジションを目指したいと考えている場合においても、常日頃から各事業所の上長は、あなたが目標に向かって努力している姿勢を見て、現場経験を活かし自分の活躍の場を広げられるよう応援いたします。

5.最後に事業所見学や質問で実情を共有する

 当法人に興味を少しでもお持ちになっていただけたら、当法人の各事業所見学を是非お勧めします。事業所の応対や具体的な説明などに真摯に向き合おうとする当事業所の姿勢からも、運営の方向性を共有していただきたいと考えます。
 職員の接客応対や、勤務風景と入所者や利用者の表情を観察することで職場の雰囲気も感じ取っていただけます。さらには「事業所が運営上大切にしている部分」「新入職員に対する教育内容」なども質問してみてください。あなたに伝わるような説明ができる事業所であるかを、是非判断してください。