職員の衛生管理について

令和2年4月1日
ともいき会グループ

新型コロナウイルス感染症対策を含む衛生管理を徹底するため、ともいき会グループでは以下の事項について職員に周知徹底をしております。

〇 職場
  • 出勤時に検温し、所定の用紙に体温等の情報を必ず記入します。
    • 発熱時(37.5℃以上)は直ちに上司に報告します。
    • 風邪症状の際も上司に報告します。
  • 出勤時および勤務中、アルコールまたはジアマックスで手指消毒を行う。また、ジアマックスについては身体、被服など全身にスプレーします。
  • 施設の営業時間や訪問サービスの際、手すり、ドアノブ、スイッチ、ボタンなど不特定多数の人が触れる箇所にジアマックスをスプレーします。
  • 施設では食堂、共同生活スペース等において、日中ジアマックス入り噴霧器を使用します。(1分・6分モード)
  • 体温にかかわらず、勤務中に体調不良を自覚した場合は直ちに上司に報告します。
  • 定期的に部屋の換気を行います。
  • 打合せ等を行う際は、職員間の間隔を開ける等感染予防に努めます。

〇 家庭(私生活)
  • 不要不急の外出や人混みの場所を避けるように心がけます。
    (いわゆる「三密」を避ける。)
  • 職場での消毒や換気を家庭においても同様に励行します。
  • 同居のご家族にも同様の対策を行うよう徹底します。